コクヨステーショナリー総合カタログ2014 8/787

コクヨステーショナリー総合カタログ2014
8/787

●正しい情報を早く伝えることにより冷静な行動を促す。●けが人の把握。不明者がいないか確認。●来訪者の確認。●各部署単位での安否の確認・集約方法をあらかじめ決めておくことが重要。対策本部設置準備災害の詳細の把握社内の状況把握非常用トイレの設置帰宅困難者の対応社員の避難生活の対応15:0015:3016:0016:3017:0017:3018:0018:30地震発生 数分~数時間後●水道が止まった場合に備えて非常用トイレの準備。●便意は災害直後でも我慢できるものではないので、 できるだけ早い準備が必要。非常用トイレ工場の状況はどうなってる!?●TV・インターネットなどで地震の規模・周囲の状況把握。●社員の安否確認。(携帯メール一斉配信などで)●電気・水道・ガスなどのインフラの状況確認。●提携病院の状況確認。●刻々と変わる状況をホワイトボードなどに記録し最新の 状況が常に分かるようにする。帰宅を希望する社員には、帰宅可能な範囲であれば帰宅支援セットを配る。ただし、当日はできる限り社内での待機をすすめる。帰宅可能者・帰宅困難者の確認社内で一定期間生活できる備蓄が必要。水・食料・トイレ・毛布など。夜は冷えるので、毛布を使ってください避難所用間仕切りPOINTPOINTPOINTPOINTPOINTPOINT地震発生後に必要なことは全社員の安全確認です。正確な情報収集を行い、判断し、全社員が混乱しないように的確な指示を伝えることが重要です。対策本部設置の準備ダストキャリー防寒具社員の皆様、総務部より館内放送です。先程の地震は…災害状況を館内放送非常用トイレの設置社外の受け入れ態勢帰宅支援セットデスクイン・スリー社内滞留者への対応社内の状況を把握帰宅可能者・帰宅困難者の確認対策本部設置の準備災害状況を館内放送非常用トイレの設置社外の受け入れ態勢社内滞留者への対応ケガをしているかたいませんか?夜は冷えるので、毛布を使ってくださいこちらで、お願いします。買い物客や行楽客などの行き場のない帰宅困難者をできる限り受け入れる態勢を整えることも必要。防災用品のの詳しい情報はP.458P.465P.466P.460P.467P.464P.4625

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です